ソウル・・・精霊の人と呼ばれ、五行(火・水・土・金属・土)のいずれかの能力を持つ能力者。
例外として風の能力者もいる。主に陰のソウルと陽のソウルに分類される。
陰のソウル・・・五行(火・水・土・金属・土)のいずれかの能力を持つ能力者。幼少時に五行の種
を食し、何かしらの精神疾患がある場合に能力が発現する。陰のソウルは周囲に存在する元素
を瞬時に集積し能力を発動するので、周囲に元素が少ないと能力を十分に発揮できない。
但し、元素を体内に蓄積する事が出来る。
陽のソウル・・・五行(火・水・土・金属・土)のいずれかの能力を持つ能力者。幼少時に五行の種
を食し、何かしらの肉体疾患がある場合に能力が発現する。陽のソウルは周囲に元素が存在し
なくても能力を発揮できるが、元素を体内に蓄積する事は出来ない。
五行の種・・・故陳博士が発見した不思議な種。基本的に生物の肉体を強化する効能がある。
ただし、特別な条件が整えば、ソウルの能力を身につける事が出来る。
生命維持装置・・・故イシダ博士が開発した装置。生物の老化を最小限に抑え、病気・怪我をも
治癒させる。
アンテナ・・・故イシダ博士が開発した人を操作する機械。人間の頭部に突き刺し、その人間を
操作する事ができる。また、その人の記憶を読み取ることや見た映像をモニターによって見る事
もできる。
陰陽師・・・万物の生成と破壊を担う能力者。陽の能力者の能力を増幅する事ができる。但し、
陰の能力者が陰陽師に対し能力を使用すると破壊が始まると言われている。
風のソウル・・・特別な存在で、陰の木系ソウルの能力を発現させるために存在する。陰のソウ
ルが5種類揃う前に、陰のソウル何れかが陰陽師に対し能力を使用するとその時点で世界が破
滅すると言われている。
五行の書・・・ソウルに関して書かれた書籍。陳博士とキド博士が所有していた。現在一冊は陳
博士の娘・リー珍が所有している。キド博士の所有していた書籍は所在不明。
バック